常時2%還元のLINEPayカードが最強な理由と作り方

LINEPay2%還元は超お得

あけましておめでとうございます。

この年末、これまで全くクレジットカードを持っていなかった弟に一番におすすめしたのがLINEPayカードです。(クレジットカードではないけど)

注意
残念ながら改悪されてしまい、2018年9月現在2%ではなく、明確な基準のないLINE側の独断で決めるメンバーシッププログラム「マイカラー」という制度となり、カラーに応じて0%~2%の還元率となってしまいました。この記事は昔話としてお読みください。

LINEPayカードとは

LINEPayカードはJCB発行のチャージして使うプリペイド式カード。

JCBマークのある店やオンラインでの買い物でクレジットカードのように使うことができます。

JCBマーク

MEMO
クレジットカードとの違いは

  • 一括払いしかできない
  • チャージしている金額までしか使えない

ところ。

LINEPayカードが最強な理由

クレジットカードより高い還元率

LINEPayカードは100円利用毎にLINEポイント2ポイントが貰えます。

LINEポイントは1ポイント=1円としてLINEPayカードにチャージすることができます。

クレジットカードの還元率は高くても1.5%くらいまでなのでLINEPayの還元率2%は最強です。

そのため、僕はできる限りの支払いを全てLINEPayカードに集約しています。

ちなみにLINEポイントでLINEPayカードにチャージした残高を使った時にもポイントが貰えるので正確には2%以上の還元率になるはず。

審査不要、未成年も作成可能

LINEPayカードはクレジットカードと同じように使えますが、

あくまでもチャージして使うプリペイド式カードなので作成に審査がありません。

そのため未成年でも持つことができ、小学生でもチャージさえしておけばカード払いすることができます。

使いすぎる心配がない

チャージ式なので使いすぎて返済できなくなることがありません。

LINEPayカードなら自己管理のできない人でも安心。

LINEPayカードの作り方

LINEPayに登録

LINEアプリを開き、右下の「…」をクリックすると以下のような画面になるので「LINEPay」をクリック。

LINEPayカードの作り方

次に、「はじめる」をクリックします。

LINEPayカードの作り方

規約とポリシーに同意して「新規登録」します。

LINEPayカードの作り方

これでLINEPayへの登録は完了です。

LINEPayカード申込

次に、LINEPayカードを申し込みます。

MEMO
デザインへのこだわりがなければコンビニでも作れますが、オンラインで申し込んだ方がデザインが豊富。
日々使うものだし申込も一瞬なのでかっこよく過ごしたい方は1分だけ頑張りましょう。

まずは「設定」をクリックします。

LINEPayカードの作り方

次に「LINE Payカード」をクリックします。

LINEPayカードの作り方

「カードを申込む」をクリック。

LINEPayカードの作り方

デザインを選んで「次へ」をクリックします。

LINEPayカードの作り方

名前を入力して「次へ」をクリック。

LINEPayカードの作り方

郵便番号を入力して「次へ」をクリック。

LINEPayカードの作り方

住所入力して「申込確定」すれば完了です。

LINEPayカードの作り方

1~2週間でカードが送られてくるので待ちましょう。

LINEPayとカードを紐づけ

カードが届いたらLINEPayと紐づけます。

まずは「LINEPayカードの利用開始手続き」をクリックします。

LINEPayカードの作り方

すると以下の画面が出てくるので、ここに入手したLINEPayカードの情報を入力し「次へ」をクリックすればLINEPayとLINEPayカードが紐づけられます。

LINEPayカードの作り方

LINEPayに限らず数%でも還元を受けるべき理由

たった2%でも馬鹿にしてはいけません。

100円だと2円ですが、100万円だと2万円です。

節約家でも1年もあれば100万円くらいは使います。

2万円は

  • 日給1万円の人が2日働くのと同じ金額
  • 金利0.1%の銀行に25,098,827円を1年間預金して得られるのと同じ金額(源泉税20.315%で計算)

です。

それらにくらべれば、支払い方法をLINEPayカードにするだけの方が断然楽だし簡単なはず。

カナショ

旅行代金みたいに高額を支払うときに使うと分かりやすく得してる感じがします。

LINEPay2%還元は超お得